FC2ブログ
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

御利益

以前、車を買い替えた時のことです。
「じゃあ、納車の日は大安ですね」 と友人が言う。
「え~~。事故っている人も大半が大安の納車だろ。日の好し悪しなんか関係ないでしょ」
「そうじゃあ無いんですよ。大安の納車だから、事故った時に軽く済むんですって」 なるほどと思った。

東京世田谷に豪徳寺という寺院があります。私鉄の駅名にも使われている名刹です。この寺院が"招き猫"発祥の地であるとは存じませんでした。
2009年暮れ、勤めていた時の同僚から、さかちゃんとは母娘のような付き合いだったと言われている中国の女性に"招き猫"を、さかちゃんが所望されました。交通安全の祈願に"招き猫"を乗用車に載せておきたいとのことです。
相談を受けた爺は、"招き猫"の御利益は「商売繁盛・家内安全」が相場だと思いましたが、リクエストなんだから御託を並べずに、と"招き猫"を探すことにしました。即、ググリます。
発祥が豪徳寺で、群馬県安中市の海雲寺はその分寺であることを知り、さかちゃんと参詣に上がりました。
応対下さったご住職夫人と思われる方に、交通安全への御利益を伺うと、猫は観音様のお使いですので、どのようなことにも御利益がありますとの教示を授かりました。訊くは一時の恥と言いますが、爺になってからの恥は一時でも一生分くらいの冷や汗が流れます。
招福殿招き猫

写真左:招福殿 右:招き猫の置物

それで、リクエストされたものとは趣が少し違うように感じながらも、写真左端の小判を抱えていないものを2体と、透明の円筒に納められた根付けタイプの御守りを5個をいただきました。さかちゃんが好きな大人買いです。なんと、招福殿でお開眼してくださいます。思わず合掌。御利益ありそう!!

昼食をモスバーガー高崎高関店でとることにしていたのですが、通りを一本まちがえました。一度大通りに出てからと、先の交差点であたりを見回すと前方にMosロゴ(Mマーク)のサインポール。向かいの角に別のモス店があるじゃないですか。高関店から3キロ程離れた高崎中居店です。爺は、さかちゃんに向かって「猫が連れてきてくれたんだよ」と呟きました。

それから1ヶ月程して、さかちゃんが車に撥ねられてしまいました。青信号で横断歩道を歩行中に、前方から来て交差点内で右折をした車に3メートル程飛ばされましたが、右脚腓骨骨折だけで命に別状はありませんでした。また、救急搬送されたTC病院の医師がヤブ(後日、当該病院に診断書をお願いしたら、事務の女性に関原先生は交通事故の診断書は書けないんですと断られました。診断書が書けないと内部で思われいてる程のヤブ)でしたので、骨折を見つけることができませんでした。おかげで、さかちゃんは骨折のショックによって寝たきりになるというようなこともなく、受傷5日目から自主的に歩行訓練を始めました。努力の甲斐あって回復も早かったようです。
事故の大きさに比べ受傷の程度が軽い。初診の医師がヤブだった。海雲寺の"招き猫"は御利益、かなり大です。
招福観音由来書さかちゃん愛用の携帯

写真左:招福観音の由来書 右:招き猫の御守りも付いている愛用の携帯、待ち受けも"猫"です

※診断書は警察提出用のため、強く申し入れて初診のヤブに書いていただきました。書けば書けるんじゃン。

スポンサーサイト
2012-06-27(水) |  Neutral |  コメント(0)  | Top▲

二の句が出ない

学生時代のことです。ご多分に漏れず、勉強などどこ吹く風でどこかの部屋に集まっては、たわいない話をする日々をダラダラと過ごしてました。
「…でさ、"二の句が出なかったよ"」 間髪を容れず「二の句は、"継げない"」とW大文学部の秀才女性に静かにでしたが、厳しいダメ出しをいただきました。以来、爺は無口がいっそう進み、性格もより内向的になったような気がします。とはいえ、今でも「一字の師」と仰いでおります。

情弱な爺は、時代の流れに乗り遅れないようFaceBookにアカウント登録したものの使い方が分からず、暇なときにログインして適当にアイコンをクリックしてみるだけです。それでも、時には貴重な情報に出会います。なんと、くだんの秀才文学Dameの近影に遭遇しました。
Pato&Midori夫妻
フランス語、日本語、そして多分スペイン語も堪能なトリリンガルで、フランス料理の達人です。

画像は"FaceBook(Lateoji)さん"からのシェアです。

2012-06-19(火) |  Neutral |  コメント(2)  | Top▲

西欧のハングル、フランス語

ハングル版"ベサメムーチョ"の歌詞に리라꽃という単語があります。6月12日の誕生花の一つで、和名がライラックです。花言葉は「青春の思い出」とも。
에일리의 베사메무쵸

この花をほとんどの国でライラックと呼んでいますが、ハングルは리라꽃、フランス語ではLilasと言います。発音をカタカナで表すと共に"リラ"です。極東で一番美しいことばハングルと、西欧で一番美しいことばフランス語はこんなところも一緒なんですね。ハングルとフランス語は"リエゾン"によって単語が滑らかに連なり、あたかも漢江やセーヌの流れに身を任せるように、リズミカルに流れます。

一番美しいことばで歌われている、에일리のハングル版ベサメムーチョとDalidaのフランス語版ベサメムーチョを"続きを読む"にシェアしました。但し、フランス語版に"Lilas"は表れません。暇なときに聞き比べてみてください。

注) ハングルは正確には文字のことですが、ここでは言語名としても使っています。

2012-06-12(火) |  B級한글(ハングル) |  コメント(0)  | Top▲

Out Focus

没個性の権化、平凡爺は、梅雨時の花はと問われればアジサイと即座に返します。6月1日は衣替え。爺は判で押したように、朔日にFaceBookのカバー写真をアジサイに替えた。さかちゃんの作品をトリミングして、サイズを合わせました。下のカバー写真(レプリカ)をクリックする共の画像が表示になります。

さかちゃんがデジカメで操作するのは、"プログラムモード"、"ズーム"、"接写モード"、"半押しフォーカス"のみです。この限られた操作でどうやったらこんなにOut Focusになるのか不思議です。本人もモニターを見て「あ~あっ」というだけ。「削除するかい?」と聞けば、「いいよ、残しといて」といいます。このようなOut Focus写真が結構あります。その中には、このように背景画像などに使いたくなるような物があるのです。機会に合わせてお披露目しましょう。

ところで、関東地方も梅雨入りが報じられました。平凡な感性の爺としては、迷うことなく梅雨の花アジサイの作品をアップします。

さかちゃん撮影の作品(FC2アルバム収録)

2012-06-10(日) |  Casa de Saka(さかん家) |  コメント(0)  | Top▲

あたしの名前、ハングルでは"린푸"

あたし(写真:左)はキャンプーの先輩。名前はリンプー、ハングルで書くと린푸。みんなが、リン²て呼ぶの。
Lyn
私の目元と口元が、学習塾をやっている同級生に似ているって爺が言うの。レディーに対して失礼よ。私は韓国の歌手"Lyn"(写真:上右)みたいになるのが夢なの。手足が長くてスタイル抜群。わたしはLyn²だから린²、Lynはハングルで린なの。名前も似てる。

린の衣装を真似て、あたしの頭の上をチョロチョロしてるトンボがいたからアックンして、爺の庭に置いてきた。あっ、トカゲはアックンしたことないよ。

Lynアックンされたトンボ
린オンニ、歌がすごく上手だし、艶っぽいよ。爺、デレっとしながらNAVERの辞書を一日中引いてた。暇だったら"続きを読む"をみて!

2012-06-07(木) |  B級한글(ハングル) |  コメント(0)  | Top▲

群馬のロズレ・ド・バガテル (La Roseraie de Bagatelle)

深い松林に抱かれた「前橋敷島公園 ばら園」。たとえるなら、フランスは"ブローニーの森"の「バガテル・バラ園」のようだ。周囲の緑がバラの美しさを一層引き立てる。
しかし、さかちゃん愛用のパナ LUMIX TZ-3で爺が写した今年の園内は、いささか鮮やかさを欠いている。
セピア色のばら園

「前橋敷島公園 ばら園」は、「バガテル・バラ園」に遅れること66年、1971年に開園しました。その後、2008年に「全国都市緑化ぐんまフェア」の総合会場として改修が行われ、45,000m²の敷地に世界のバラの600種、7,000株が配された庭園に生まれ変わりました。

ばら園ばら園

さかちゃん撮影の2作品(FC2アルバム収録)

園内には、小説「世界の中心で、愛をさけぶ」(片山恭一著)で主人公の名前の由来となった、詩人・萩原朔太郎の生家を移築した「萩原朔太郎記念館」や世界の糸の町・前橋を象徴する旧国立原蚕種本館を移設した「蚕糸記念館」などもあります。

余談ですが、伊豆のバラ園「河津バガテル公園」が「パリ・バガテル公園」の姉妹園になっています。

2012-06-02(土) |  Casa de Saka(さかん家) |  コメント(0)  | Top▲