FC2ブログ
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) |  スポンサー広告 |  CM(-) | Top▲

日本一の河岸段丘

河岸段丘の例として、中高校の教科書でも取り上げられることの多い沼田段丘が、雨乞山から一望できます。


Loading…

※スライドは、高平口から山頂へのルートです。山頂からの眺望写真は、ここをクリックしてください。

登山口は4か所ありますが、白沢町高平口からの林道は整備がゆきとどき、子供連れのハイキングや高齢者のウォーキングに最適です。登山口駐車場は、関越道沼田ICから日本ロマンチック街道(国道120号)、利根沼田望郷ラインを経由して12kmほどの所になります。

群馬のコロラドリバー「片品川」は、30万年の歳月を掛けて沼田・利根の台地を7段に削り出しました。

雨乞山からの沼田段丘画像クリックで拡大表示。(写真提供:群馬大学)

片品川北側(写真右)が、真田城下町として栄えた沼田市、南側(山頂からの眺望写真左)は、生産量世界一を誇る昭和村のコンニャク畑などが広がる赤城山麓扇状地です。
片品川を跨いで南北の段丘を結ぶ、全長1033.85メートルの関越道片品橋(写真中央)はトラス型の道路橋としては長さ日本一です。
"日本一(世界一を含む)の三本立て!"でした。

スポンサーサイト
2012-11-25(日) |  世界のぐんま(地域) |  コメント(0)  | Top▲

アマゾン「キンドル」が発売

本日、アマゾン・ドット・コムで電子書籍専用タブレット「キンドル・ペーパーホワイト」(7980円)が日本での発売を開始しました。
キンドルホワイトペーパー

ヤマダ電機など家電量販大手3社は米アマゾン・ドット・コムの携帯端末「キンドル」シリーズの販売を見送る。アマゾンは19日に日本で電子書籍端末の出荷を始め、12月には小型タブレット(多機能携帯端末)を発売するが、各社は家電販売でアマゾンと激しい価格競争を展開している。キンドル普及を後押しすることは、アマゾンの通販サイトなどへの顧客流出につながると判断した。
(2012/11/17 日本経済新聞 電子版)

私も、ちょいちょいと「ショールーミング」しますが、それはウェブの方が送料・手数料を含めても安く買えるときのことです。主たる店舗はケーズデンキですが、ついでで特価品やプリンターのインク・用紙などを、大好きなケーズで購入しています。「ショールーミング」目的であれ、客が来てくれるなら催事を打つより費用対効果が高いような気がしないでもありません。ヤマダ電機が、「ショールーミング」を警戒と言うのは表向きの理由で、本音は違うと思いますよ。ヤマダ電機が、大量に格安で仕入れた商品の販売先は最終消費者だけではありません。記者の取材というか、考察が甘いなあ~。
ところで、アマゾンではキンドルは即日完売で、ホワイトペーパー WiFi 版の次回入荷は、年明けの1月12日だそうです。「ショールーミング」することなく、先ほど注文しました。

※ヤマダ電機も好きですよ。6~7年前は、ほぼヤマダオンリーでした。

2012-11-19(月) |  情弱な翁(PC) |  コメント(0)  | Top▲

豆腐と味噌

昨年5月に、仕込んだ味噌が良い感じに熟成しています。さかちゃんが、JA片品加工開発センターにて購入し、遺していったものです。香りも、色も良い感じですが、何より味が違います。塩じょっぱさ(ここいらの方言でしょうか)が消えて、まろやかな "しょっぱさ" に仕上がっています。これで、ちょっと変わったみそ漬けを作りたくなりました。
県都前橋に、みそ漬けの専門店「たむらや」があります。色々なものを味噌に漬けていますが、特に珍しいのが「チーズみそ漬け」です。
チーズみそ漬け
下記は、たむらや公式ウェブサイトからの「チーズみそ漬け」ご案内文です。

みそ漬に相性のよいものを追求した結果、発酵食品のチーズにたどりつきました。
たむらやのチーズみそ漬は、十勝産の良質なナチュラルチーズ(製造工程で加熱処理を行わず、乳酸菌や酵素などが豊富に残っているもの)だけを使い、たむらや謹製のみそ床に漬け込んで寝かせるという手法で丹念につくり上げました。(抜粋)

モッツァレラ・チーズのみそ漬け試みに、価格が手ごろで、チーズ自体も旨そうなモッツァレラのみそ漬けを買いました。
一口頬張ります。ウ~~ン !? 味噌の香りがチーズに勝り、必然的に味も味噌が先に立ちます。想像していた味とは、多少のズレがありました。

「チーズみそ漬け」は、発酵食品同士で相性が抜群に良いとのことです。私は、原料が大豆同士である "味噌" と "豆腐" の良縁を取り持つことにしました。この縁組は、多くの方が取り持っています。取り持ち方をクグりますと、多数のヒットがあります。先達の知恵を参考にしながら、 "手作りの木綿豆腐" と "仕込み味噌" の縁組にトライしました。

試食の正直な感想は、 "味噌味の絞め豆腐" といったところです。
味噌床に工夫をしたり、寝かせ方を変えたりしながら、仕込み味噌が尽きるまで試行を繰り返そう。

たむらやブログでは、群馬県のイベントなどの紹介もされています。

2012-11-16(金) |  Neutral |  コメント(0)  | Top▲

虹の橋さえとどかぬ「東洋のナイアガラ」

沼田音頭の出だしは、" 虹の橋さえとどかぬほ~どのよ~♪ 庭が見たけりゃよ♪・・・ " です。東洋のナイアガラ「吹割の滝」は、当然、虹の橋がとどかぬ程の大きさです。紅く染まった渓谷に掛かる虹を抱えた、ダイナミックな「吹割の滝」を篤とご覧くだされ。

" 吹割 " は、滝があまりにダイナミックなため、渓谷の美しさが語られる機会は、さほど多くありません。威勢よく滝壺に落下して行った水流は、そののち一息つくかの如く、スタティックな水面へと姿を変えます。今、吹割渓谷は、紅葉の中で「動」と「静」を演じています。

2012-11-08(木) |  世界のぐんま(地域) |  コメント(0)  | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。