FC2ブログ
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) |  スポンサー広告 |  CM(-) | Top▲

永远怀念您

さかちゃんの一番のクリスマスプレゼントは、ちょっと早めの New Year's card が添えられた干支の飾り物です。年ごとに靴下カバーであったり、マフラー、手袋などが一緒に送られてきます。サンタクロースは、母娘以上に歳の離れた中国在住の女性です。
研修生という名目の外国人労働者として2年間、さかちゃんと同じ職場で働いていました。帰国してから、年に一度だけの遣り取りが15年続いていました。 New Year's card には、少したどたどしいけれど温かさにあふれた日本語でさかちゃんを気遣う文言が必ず綴られています。さかちゃんが "千の風" になった昨年は、「永远怀念您」の5文字だけが記された New Year's card が届きました。

近頃は、インターネットの翻訳サービスで大抵の外国語は日本語に訳せるが、中国語はピンイン入力ができない者には宝の持ち腐れ。と、思って一年が過ぎてしまいました。ところが先日、ハングルで愛用している NAVER に中国語辞書もあり、手書き入力にも対応していることに気づきました。
NAVERの中国語辞書
PCモニタに張った儘の「永远怀念您」と書かれた付箋を見ながら、手書きパレットに震える手でペン型のカーソルを走らせます。
永远 [yǒngyuǎn] いつまでも
怀念 [huáiniàn] 恋しく思う
您 [nín] あなた 【補足】“你”の敬称

[発音] 

通夜の席で、二人を知る方からその女性とさかちゃんは親子のように仲が良かった、と伺ったことを改めて思い出しました。

スポンサーサイト
タグ:NAVER
2012-12-26(水) |  情弱な翁(PC) |  コメント(0)  | Top▲

正月の定番、「ワ・イ・ハ」

寒くなったせいか、お隣のキャンプー嬢がよく来ます。そこで、お正月をどのように過ごすのか訊いてみました。
「ミャ~ア、ワイハでフーゴルして、ロマコンのピンドン割りでシースーでも摘ミャもかな」

ええ~、2011年生まれのニャンコが、バブル期の流行語を知っているとは「あっと驚くタメゴ~ロ~♪」。ロマコンのピンドン割りには「フランス人もびくっり」("インド人もびっくり" の最上級バージョン)。
ロマネ・コンティロマコンドンペリ・ロゼピンドン
私には、このような日本語を理解する力が劣っているのですが、幸いにもファビコン設置でお世話になった "商用フリーで使える影絵素材サイト" SILHOUTTE DESIGN さんの "死語ブログパーツ" にお世話になり、完全とまではいかずとも89%程は理解できました。私と同じような方のために、 "死語ブログパーツ" をお借りしてきましたので、ご活用ください。( "死語ブログパーツ" は、6月1日よりしばらく休止になりますm(_ _)m 
おや、もうこんな時間で。ちょいと野暮用がありやすンで、あっしは、ここら辺でドロン隠形の結びさせて頂きやす。

2012-12-18(火) |  気ままなキャンプー(猫) |  コメント(0)  | Top▲

ファビコンって?

「ファビコンを、ブログに設置しました」
ファミコンの間違いではありません。大体、ゲーム機をブログに貼り付けることなんて無理ですから。Web ブラウザのアドレス欄や、タイトルタブの左端、ブックマーク項目の先頭などに表示される、お洒落なワンポイントマークをファビコン(favicon)と呼びます。Favorites(お気に入り用) Icon(アイコン)が縮約された呼称です。
ブラウザーのブックマーク(お気に入り)を開くと、項目の半数以上にファビコンが付いています。私も、ブログの開設時にファビコンを使うつもりでしたが、アイコンデザインのアイデアも浮かばず、FC2ブログへの設置法も分からなく、半ば諦めていました。と言うか、なによりも FC2 の紅い一角獣アイコンにぞっこんなんです。
ところが最近、"商用フリーで使える影絵素材サイト"「SILHOUTTE DESIGN」でイメージにぴったりのデザインに遭遇してしまいました。即、ダウンロードさせていただき、少し加工をして画像ファイルに書き出したものが下図・左です。
鶴학(Hak)のマークfc2iconFC2のマーク
この画像ファイルを、アイコン作成サイトの「x-icon editor」に(1)Import するだけで favicon.ico が生成さます。続いて(4)Export をクリックすると、自身のPCにダウンロードされます。
x-iconEd市松模様の部分がパレット
必要とあれば、(2)Edit (3)Preview でアイコンの編集・確認も可能です。
アイコンのファイル名はそのままにして、FC2 の管理画面からツールの"ファイルアップロード"でアップし、環境設定の"テンプレートの設定"を開いてHTMLの <head> ~ </head> にファビコンファイルへのリンクタグを一行書き加えれば完了です。(下記タグ例)
<link rel="SHORTCUT ICON" href="http://full path/favicon.ico" />

雉(記事)でなく、鶴(ツルッ)の備忘録でした _| ̄|〇 お後がよろしいようで。

2012-12-12(水) |  情弱な翁(PC) |  コメント(0)  | Top▲

世界のこんにゃく事情

"こんにゃく用 炭酸ソーダあります"
この時期は、薬品店やドラッグストアのこんな張り紙に目を引かれます。
10月~12月は、蒟蒻芋の収穫時期です。赤城っぱら(赤城山麓扇状地)を中心に蒟蒻畑が広がる昭和村は、蒟蒻芋の収穫量世界一を誇り、群馬県全体の収穫量は国内の90%に上ります。ところが、製品としてのこんにゃくの消費量日本一は山形だというのです。なんとも承服しがたく、ググってみました。どうやら、総務省統計局がまとめた「家計調査(二人以上の世帯) 都道府県庁所在市及び政令指定都市別ランキング(平成21~23年平均)」がネタ本のようです。

主要都市 家計調査より
順位都市名金額(円)
1山形市3,854
2盛岡市2,914
3青森市2,874
48前橋市1,792
全 国2,144

二人以上の世帯を対象として、年間に購入したこんにゃくの小売金額を集計し、単純平均値でランキング付けしたようです。山形名物のイモ煮には、里芋と並びこんにゃくは欠かせない食材でしょう。また、玉こんにゃくは山形が発祥の地と言われ、お手軽に食されているようです。しかし、小売金額だけで消費量を決定されてはかないません。自家製こんにゃくもあるのです。
群馬県以外で、蒟蒻芋からこんにゃくを作る一般家庭は少ないと推測できます。なぜなら、蒟蒻芋は消費者市場に出回ることはほとんどありません。通常、蒟蒻芋は製粉業者に回って荒粉・精粉にされ、それが練り屋と呼ばれる加工業者に渡り、こんにゃく製品なってゆくのです。練り加工は、下仁田が群馬県全体の60%を占めています。下仁田が、こんにゃくの代名詞たる所以ですね。
蒟蒻芋を家庭菜園でやるには、かなりの根気がいります。蒟蒻芋は、こんにゃくを作れるようになるまでに3年かかります。
蒟蒻芋の成長過程
写真の左から、種になる"生子(きご)"、1年目の"一年生"、2年目の"二年生"、3年目の"三年生" で1.5kgくらいまでに育って、漸くこんにゃくの素材として使えるようになります。
沼田辺りでは、蒟蒻芋を生産者から頂いたり、農産物直売場で購入したりして家庭でこんにゃく作りをします。芋一つで10kgのこんにゃくができますが、これは先の家計調査には反映されません。日本こんにゃく協会の資料に依れば、こんにゃく製品の100g単価は40円です。芋一つから作られたこんにゃくは、小売価格に換算すると4,000円ということになります。さかちゃんは、収穫時期の晩秋から春先までに二、三回作り、友人・知人にお分けしたり、交換し合ったりしていました。

私の見解は、蒟蒻芋の収穫量世界一は昭和村、こんにゃくの消費量世界一は群馬県です。

タグ:世界一
2012-12-09(日) |  世界のぐんま(地域) |  コメント(4)  | Top▲

Landscaper 中山安兵衛

「今年も残すところ、あと一月となりました」
12月1日に、色々な場面の冒頭挨拶で使われるお決まり文句です。そして、この時期のお決まり風物詩が「忠臣蔵」です。
赤穂事件四十七士のひとり、"呑べえ安" こと中山(堀部)安兵衛は、「高田馬場の決闘」で助太刀として伝説の18人斬りを演ずる剣術の達人ですが、芸術でも秀でた才能を持っていました。中山安兵衛プロデュースに依る庭園が高崎市(旧箕郷町)にあります。群馬の紅葉ビュースポット、旧下田邸書院の庭園がそれです。
紅葉の旧下田邸庭園
庭園は、紅葉の見頃終盤を迎えていました。紅く染まった椛の葉は、レッドカーペットよろしく地面を埋め尽くし、緑の松葉がバイプレーヤーとしていい感じで椛を引き立ています。
年末を「忠臣蔵」の鑑賞で過ごすようでしたら、呑んだくれの中山安兵衛に、名庭師のイメージを重ねてみるのも一興でしょう。

2012-12-01(土) |  世界のぐんま(地域) |  コメント(0)  | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。