FC2ブログ
121234567891011121314151617181920212223242526272829303102

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) |  スポンサー広告 |  CM(-) | Top▲

カスマプゲ

엄마를 부탁해NHKラジオ レベルアップ ハングル講座の1月のカリキュラムは、世界30か国で出版契約が結ばれたベストセラー小説、申京淑(신경숙)著の『母をお願い(엄마를 부탁해)』(2008)の Reading です。ソウル駅で行方不明になった高齢(69歳)の母を中心にして、家族を描いた作品です。講座の第13回に、歌を口遊みながら家事をこなしている母の描写がありますが、その歌が「カスマプゲ」でした。
この曲は、後に日本語の歌詞が付けられ、李成愛(イ・ソンエ、이성애)が歌い、日本でも大ヒットしました。カラオケが大ブームだった、昭和52年のことです。韓国の歌謡曲が、カラオケで歌われるきっかけとなった曲でもありました。スナックで、酔ったオッチャンが"カスマ~プゲ♪カスマ~プゲ♪"、と小節を回していたのを思い出します。この部分だけは、強く印象に残っているのですが、"カスマプゲ" の意味は分からずじまいで、調べようとした記憶もありません。カラオケで歌ったこともございません。よもや、30数年後、NHKのラジオ講座でその意味を知ることになるとは、思いもよりませんでした。
"가슴: 胸 、 아프게: 痛くて。"
是非、ワンコーラスお聞きください。

カスマプゲ(length 1:20)  歌:신유

フルコーラスをお望みの方、[続きを読む...]でどうぞ。総天然色の映像付きです。

スポンサーサイト
2013-01-29(火) |  B級한글(ハングル) |  コメント(2)  | Top▲

穂垂れ(餅花)

大祭告知縁日とは、神社やお寺の境内・参道にて町内会や集落などの親睦をはかる為に催すパーティーだ。無信心な私の漠然とした認識でした。
2009年の暮れに、さかちゃんと招き猫を求めて磯部(安中市)の「海雲寺」を訪ねたことがあります。その時、門前に「大祭 一月十八日」との案内板が立てられていました。なぜ、三が日や七草、小正月などのそれらしい日にちを外し、平日の18日なのか疑問でした。
実は、観音様のご縁日だったのですね。縁日とは、仏さまや神様の降誕・誓願などの縁りがある日で、この日に参詣すると普段以上の御利益があるのだそうです。と言うことで、先日、その大祭に行ってまいりました。
お寺に着いたのが、お焚き上げ開始の直前になってしまい、既に5名の僧侶による読経が始まらんとしていました。目立たぬよう境内の端の木陰を選んで、小走りで向かいます。そこへ、檀家の世話役らしき方が、紅白の丸い小さな団子を付けた木の枝の束を抱えて、同じように小走りで会場に向かいながら、私に近寄り「どうぞ」、と一枝抜き取るよう促されました。何をするのか分からぬまま、一枝頂いて静かに早足で向かいました。会場では、すでに読経がはじまり、お焚き上げも火が点られて、参詣者全員が団子の付いた枝を手にして、読経を拝聴しています。私は、後ろの方で気配を薄くし目立たぬようにしていました。
穂垂れ
読経が終わると、皆さん、枝を火にかざし始めました。どうやら、団子を炙り焼きして、ここでいただく模様です。こういうのって、さかちゃんは喜ぶんだなー。私は、炙る格好だけで芯まで火を通さず、硬いままの団子を一個頬張り、残りはお持ち帰りです。無信心なくせに、家に戻ってから焼き直して、さかちゃんに進ぜました。合掌。

団子が飾られた木の枝は「穂垂れ(餅花)」と言い、五穀豊穣を祈って小正月に飾るもののようです。

前橋・桐生辺りでは、餅花を「繭玉」と呼ぶようです。

2013-01-20(日) |  Neutral |  コメント(0)  | Top▲

赤城おろしも撥ねかえす熱気


平成25年 前橋初市まつり

Loading…

1月9日は、前橋初市まつりでした。イベントは、「古だるまのお焚き上げ」、八幡宮の「市神様」をメイン会場の仮宮に移す「渡御の儀」で始まります。
本町通り(国道50号)に、およそ300店、商店街にも約200店の露店が並び、だるまや縁起物などを買い求める人々や露天商の威勢のいい掛け声で、夜遅くまで熱気に包まれました。

2013-01-10(木) |  世界のぐんま(地域) |  コメント(0)  | Top▲

칠전팔기

유비무환:[発音]  「備えあれば患いなし」
何かに躓いたり、どじを踏んだりすると、このように諌められます。内向的で、消極的、というよりプチ・不安症候群の私にとっては、引き籠りを奨励するような格言に聞こえてしまいます。
こんな気のちっちゃい私を、禿げ増して、ンっ、変換がおかしいなあ~(寒中ますます寒)。改めまして、座右の銘は
칠전팔기:[発音]  「七転び八起き」です。

たかさき達磨1月6~7日は、高崎市少林山達磨寺の七草だるま市が開催されます。想定外の状況に遭遇して躓き、転んでも、「七転八起」の精神で克服できるように願をかけた "福だるま" が売り出されます。"福だるま" の出荷数は、年間120万個とも、150万個とも言われていました。高崎以外のだるま産地では、埼玉県川越市は40万個、福島県白河市が15万個とされています。ただし、この数値の確さがどの程度のなのかは不明です。この曖昧さを明確にしようと、群馬県達磨製造協同組合が張り子だるまの生産量を調査・公表しました。2011年時点の群馬のだるま生産店50余店に依る年間生産高約90万個で、これは、全国の張り子だるまの大多数をしめている、とのことです。

張り子だるまは、小林山の九代東嶽和尚が、天明の飢饉(1780年代)から農民を救済するために、「坐禅だるま」の図を本に木型をおこし、副業として作らせたのが発祥と伝えられています。日本固有の文化です。

私の見立てでは、張り子だるまの生産量世界一は、高崎市です。

高崎少林山バナー 群馬県達磨協組

タグ:世界一
2013-01-07(月) |  世界のぐんま(地域) |  コメント(0)  | Top▲

2013 初夢

Loading…

1)1富士
2)タカが1人。う~ん、タケちゃん?
3)おお~、2タカだ。
4)キャンプーちゃん、どこ行ってるの?
5)あ~あっ、ナスカ
6)キャンプーちゃん、ロマコン飲み過ぎちゃった?
7)やっぱり、富士がいい。

"目出度さも ちう位也 おらが春"

[画像Link] : 一富士 | 二タカ | 三茄子. [ボーなすPhoto] 茶トラ→大トラ

2013-01-02(水) |  Neutral |  コメント(4)  | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。