FC2ブログ
011234567891011121314151617181920212223242526272803

モスラの歌

モスラ対ゴジラモスラを、知っていますか?ゴジラと共に「東宝三大怪獣」に列される巨大怪獣です。モスラ・シリーズ第二作の「モスラ対ゴジラ」では、悪役に転じたゴジラに初黒星を付けました。
そのモスラのテーマソングが "モスラの歌" です。作曲をしたのは、ゴジラこと松井が「僕、この曲好きです」と言った "栄冠は君に輝く" を作った、古関裕而です。
1964(昭和39)年、アジアで初めて開催された、東京オリンピックの選手入場行進曲 "オリンピック・マーチ"  の作曲者として世界中に知られる古関が作った曲の数は、5000曲にも及び、その分野は、歌謡曲・演劇・ラジオドラマ・スポーツ・校歌・社歌と多方面に渡り、質・量ともに想像を絶するものです。
歌っているのは、劇中で "小美人" を演じているザ・ピーナッツ。私にとっては、ザ・ピーナッツの数多あるヒット曲の中でも最も耳に残っている一曲です。

モスラの歌(length 1:13)  歌:ザ・ピーナッツ

==インファト島 石碑文 対訳==
モスラよ / 永遠の生命 モスラよ / 悲しき下僕の祈りに応えて / 今こそ、甦れ
モスラよ / 力強き生命を得て / 我等を守れ、平和を守れ
平和こそは / 永遠につづく / 繁栄の道である

スポンサーサイト
タグ:古関裕而
2013-02-27(水) |  Neutral |  コメント(2)  | Top▲

GG感謝デー

GG は、爺(ジージー)?

== これからは、55歳以上のお客さまがおトク!「毎月15日はG.G感謝デー 」 ==
昨年の敬老の日から始まった、ショッピンクモール・イオンの新しいセール企画です。G.G感謝デーとは、なんと大胆なネーミングでなのしょう。55 →GojuGO →GG は、55歳から爺(ジージー)としか解釈できません。15日には、意地でも買わねえゾ#!そんな決意を促される、強烈なキャッチコピーです。"55"歳は"GG"(爺)が脳裏に焼き付いたままでした。この連想を断ち切るには、他のものを連想する訓練が有効かもしれない。この考えが浮かんだ瞬間、即、解決に至りました。"55とGG"、ときたら "背番号55のGiant・Godzilla"。2012年12月28日に、引退を表明した"ゴジラ"こと松井秀喜です。「G.G感謝デー」なんぞは、Godzilla の一振りで軽く場外(脳外)へ吹っ飛ばされてしまいました。
--それでも、イオンが好きだ!--

都市伝説

高校3年夏・青陵松井1974年6月、松井秀喜は石川県根上町に生まれます。その一年前、1973年6月に同じ根上町出身の作詞家がこの世を去りました。その方は16歳の時、野球の練習中に負った怪我がもとで右足の膝から下を切断することになります。その所為もあってか、野球への想いは強く、自宅近くの浜小学校で野球をする子供たちの様子をよく見ていたそうです。浜小学校は、のちに松井も通うことになります。そんなことから、その作詞家が前世で野球ができなかった無念を晴らすため、後世に生まれ変わったのが松井秀喜である、との都市伝説が実しやかに語られています。
作詞家の名は、加賀大介。夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の大会歌「栄冠は君に輝く」の作者です。加賀の奥さんが、巨人軍に入団直前の松井を自宅に訪ね、大会歌のテープを手渡すと、18才の少年は、はにかみながら「僕、この曲好きです」と言ったそうです。

栄冠は君に輝く(length 0:44)  藍川由美(ソプラノ)

四死球の Take 1 base は、打者への Advantage ではない。投手への Penalty だ。と、捉えて欲しく思う。故意の四球は、ルールの定めによる正当な作戦だ。などと解釈して欲しくない。

2013-02-18(月) |  Neutral |  コメント(2)  | Top▲

あけンは、ねンか?

さかちゃんが、写真を始めて2年が過ようかという頃、箕郷梅林へ梅の花を見に行きました。梅の生産量が、和歌山県に次いで全国第2位の群馬県には「ぐんま三大梅林」と呼ばれる観光名所があります。高崎市の箕郷梅林・榛名梅林、安中市の秋間梅林です。なかでも榛名山南側ふもとの丘陵に位置する箕郷梅林は、300ヘクタールにも及ぶ敷地に10万本の梅が林立し、白い梅の花が雲海のごとく広がる様を一目で見渡せる人気のスポットです。
箕郷梅林
KERMAのザックを背負ってから一面を見渡して、さかちゃんの発した一言は、「あけンは、ねンか?」でした。そう問われても、私も初めて訪れた訳で…、返答のしようがありません。と言うか、駐車場から一望できますので真っ白なのは一目瞭然なのです。冬期は野外での撮影はお休みでしたので、その間、紅白のコントラストが美しい梅林を思い浮かべ、相当楽しみにしていたのでしょう。
紅梅を見上げるさかちゃん散策路を歩きながらも、「白ばっかりじゃねえ~か!」「まったく!」と呟いていました。
やっと、紅梅を見つけて暫らく見上げていました。1-2月のカレンダーは、この紅梅を撮ったものです。
その後、さかちゃんからも私からも「梅でも見に行こうか」の台詞が口を突いて出ることはありませんでした。後日譚になりますが、さかちゃんと姪(私の従姉)の話題が箕郷梅林に及んだ時に、「私も一度、行った事があるけど、白い花しかないんだもんね」との姪の言葉をうけて、さかちゃも「そうさ、あけンなんか、ねンだもんね」です。ちょっとしたところが似るものなんだなあ。

カレンダー1-2月

"梅咲けど 鶯啼けど ひとりかな" 一茶

2013-02-12(火) |  Casa de Saka(さかん家) |  コメント(0)  | Top▲

.gpx File

夕方、パラパラッと雨が降りました。雪ではありません。折しも立春の今日、気分だけでも春到来です。
山行の記録を共有する、SNSサイト "ヤマレコ" に「壮年短低団」というグループがあります。友人のFさんは、そのメンバーの一員で、精力的に山行記録を投稿しています。気分だけでなく体感も春到来となったなら、近場への山行の参考にと記録のページにアクセスしてみましたら、今更ながら己の情弱振りにあきれてしまいました。
ヤマレコには、登山ルートの地図・標高グラフを作成する込むツールがあります。下図は、Fさんの投稿による水沢山登頂のルート地図を共有掲載したものです。

この地図の左上角に "GPS(GPX)" の文字があり、マウスポインタを乗せると「GPXファイルをダウンロード」のツールチップが表示されました。どんな物なのかダウンロードしましたが、ファイルの開き方が分かりません。初めて見るファイル形式です。試しに、メモ帳で開いてみると、どうやら GPS の位置情報と時間を XML で記録したファイルのようでした。
Earthイメージ何時ものように、情弱爺の救世主Google様を二拍手でお招きし、ググります。
GPX形式を KMZ形式に変換すると Google Map にインポートできるようですので、手探りでトライしました。ファイルの変換サービスを提供しているサイトがあり、手こずるようなところは在りませんでした。Google Earth に表示すると、臨場感が伝わってきます。是非、画像をクリックし、拡大してご覧ください。

しかし、ボーッとしていると、ぶっとい筋金入りの情弱者になっちまうなあ。

KMZ Convert ページへGPS Visualizerバナー

2013-02-04(月) |  情弱な翁(PC) |  コメント(0)  | Top▲