FC2ブログ
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

ID Manager

Firefoxロゴ私の主要ウェブ・ブラウザは、Firefoxです。
この頃は、多くのサイトで何かにつけて口座(アカウント)の開設を促されます。そして、パスワードは他のサイトで使用していないものを、英数字と記号を組合わせてと警告されます。現在、私は100個以上のIDを使用していますが、IDとパスワードを記憶するのは不可能です。このIDとパスワードを管理してくれる、頼もしいフリーのソフトがあります。ID Managerです。

ID Managerのウィンドウ

このソフトは、ワンクリックでログインアカウント(ID)とパスワードの入力ができるのです。しかし残念ななことに、Firefox以外の最新ブラウザは対応しなくなりました。そうは言いましても、クリップボード経由で有効に使えます。破られにくいパスワードも自動生成してくれます。
4月初めにPCを購入しましたが、面倒でなかなか環境の設定に取り掛かれませんでした。しかし、ID Managerのおかげで、思いのほかスムースに作業が進んでいます。ID Managerは、使い方を工夫すればアプリケーションソフトのプロダクト キーやクレジットカード情報の管理などにも使えます。

情弱な私の頼りになるID Manager、試してみませんか?

スポンサーサイト
2013-04-28(日) |  情弱な翁(PC) |  コメント(0)  | Top▲

雪の御殿桜

平成22年4月17日、前夜からの降雪で満開の御殿桜が雪の桜に変わりました。三年前の同じ頃の出来事です。四月の雪は記憶に残っていないくらい久し振りのことでした。温暖化の進む中、この先、雪の御殿桜など見ることはないだろうと思ったものです。
昨日は、日暮れ時から冷たくそぼ降る雨になりました。泊まっていたお隣のキャンプーちゃんが巡回に出た、明け方4時前は寒い冬の様な雨でした。「雨、冷たいよ。巡回、休んだら?」との語りかけに、振り返りもせず飛び出していくのです。カッパも着けず、裸足で。まあ、この冬一番の大雪の時も夜中の3時半に、胸まで雪に浸かりながらラッセルで巡回に出たくらいですから、止めても聞かぬとは思っていました。見送った後、一眠りして起きましたら、冷たい雨が雪に変わっているではありませんか。みぞれまじりの雪ですが、5cm程積もっていました。

雪の御殿桜

春の雪に佇む鐘楼

つい、一週間前の景色と比べてみてください。この先、雪の御殿桜を見られることなんて、恐らくないと思いますよ。

タグ:
2013-04-21(日) |  Neutral |  コメント(0)  | Top▲

御殿桜と城掘川枝垂れ桜

「小田原評定」とは、いつになっても結論の出ない会議などの故事成語です。
戦国時代末期の天正17年(1589)11月、、北条氏と真田氏の領土紛争に豊臣秀吉の仲裁による和解が進められていた最中、沼田城代の北条家臣・猪俣範直が真田家臣・鈴木重則の守る名胡桃城を占領します。秀吉は、これを北条氏の惣無事令違反であると非難し、討伐令を全国の諸大名に通知します。翌年、7月5日小田原城が開城となり、秀吉は事実上、天下統一を果たしました。このときの、北条氏の一族・重臣が徹底抗戦するのか降伏するのかで、長く紛糾した会議が「小田原評定」の故事です。

秀吉の天下統一に大きく係わった沼田城(蔵内城)は、天文元年(1532)、沼田氏12代沼田顕泰により築城されました。

御殿桜

桜と鐘楼


享禄3年(1530)、流水のない台地(滝棚の原)に城を築くにあたり、白沢川上流から城までおよそ16Kmに及ぶ白沢用水を開削します。この年、越後の上杉謙信が生誕しています。その後、人口増加による水不足解消のため、寛永5年(1628)、沼田城主真田家二代・信吉により川場・薄根川を取水口とする川場用水が開削されて白沢用水に合流されます。水戸光圀生誕の年のことです。

城掘川枝垂れ桜 撮影:さか

城掘川緑地


合流地点から城までの準用河川滝坂川は「城掘川」と呼ばれ町民に親しまれ、大正14年(1925)に上水道が完成するまで飲用水に使われていました。
城掘川枝垂れ桜と沼田城址公園の御殿桜は、480年以上の歴史を持つ「城掘川」で繋がっているのです。

2013-04-13(土) |  Neutral |  コメント(0)  | Top▲

アマゾンが好き

彼岸へ渡る時は、雨季が明けた爽やかな季節の活気に満ちたMercadoをぶらつき、アマゾン川を越えて何ぞと言うのも乙なモンですが、そちらのアマゾンではございやせん。
アマゾン川の彼方
"オンライン通販のAmazon"が好きなのです。店頭で対面の値段交渉が苦手な、プチ引きこもりの私にとって通販サイトは頼もしく心強い存在ですが、それが理由でもありません。Amazonの梱包に掛ける直向きな努力に感動なのです。
私の社会人としてのスタートは、ガラス・陶器の業界でした。"ワレモノ!"ですから、梱包にはチョイとうるさいです。

amazonの梱包_1amazonの梱包_2
左の写真は、コンパスを購入した時の梱包です。一見、無駄に段ボール箱が大きいように思われるでしょうが、そこには緻密なまでに計算された知恵が詰まっています。商品本体にピッタリサイズの小箱では、配送中に他の荷物の間に隠れてしまう可能性が大です。配送トラックへの積み込みを考慮すると、ある程度の大きさでサイズが揃っていて、底面に比べ厚みが少ない方が荷崩れも起きにくいのです。次に、梱包の状態です。小さな商品本体は、段ボール箱の底面と同じ大きさの板ダンの中央にポリラップで巻いて固定し、箱の底に糊付けされています。空気が究極の緩衝材となっているのです。それでも愚直に、より良き梱包を追及しています。右の写真をクリックし、拡大してみてください。amzon利用者に、梱包に関するコールバックを求めるQRコードが印刷されています。安いだけではありません。安心も付いています。

今日、パソコンメモリー DDR3 SDRAM 8GB 2枚組をアマゾンで1-Clickボタンをポチりました。想定する荷姿は、型番XM09の箱です。素材は「ダンボール」、予想は「テッパン」でしょう。えっ、ガラス屋だからテッパンじゃなくて、堅くても脆い「ガラス」じゃないのか、ですか?割れたなら割れたで、欠け口が切れ味鋭いです。

タグ:amzon
2013-04-05(金) |  Neutral |  コメント(0)  | Top▲