FC2ブログ
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) |  スポンサー広告 |  CM(-) | Top▲

광화문 연가 [光化門恋歌]

Twitterで韓国の歌手・俳優を数名フォローしています。

'야나기 무네요시' 전 보러 간 김에 덕수궁 나들이.

歌手린(Lyn)の今日のツイートです。引用符で括られているのは日本語仮名のハングル表記のようです。
--- 'ヤナギ ムネヨシ'展を見に行ったついでに徳寿宮へお出掛け ---
ということでしょうか。

漬けこみ完了

柳宗悦

Googleでキーワードに"やなぎむねよし"を入力すると「柳宗悦展」が予測変換にあがりました。今、ソウルの徳寿宮美術館で「柳宗悦展」が開催中のようです。恥ずかしながら、柳宗悦を存知ませんでした。
Wikipediaに、朝鮮総督府が李氏朝鮮王宮の광화문[光化門]を取り壊そうとしたときに、柳宗悦が雑誌に寄稿した反対の評論が反響を呼び、光化門は移築して保存されたということが載っていました。(参照:Wikipedia-柳宗悦
この逸話に、ちっょとご縁を感じました。
光化門

光化門

NHKラジオの「ハングル講座」を聞き始めてから1年が過ぎたころ、Youtubeで이문세 [イ・ムンセ] の광화문 연가 [光化門恋歌] に遭遇しました。その動画にはハングルの歌詞と日本語の対訳が付いておりましたので、何度も再生をした憶えがあります。1985年に韓国で大ヒットした曲のようです。そして、最近YoutubeのKBSの歌謡番組불후의 명곡 [不朽の名曲]の動画で再び광화문 연가を見たばかりなのです。1980年と84年生まれのお二人、정동하&알리のデュエットです。いずれの動画も、お気に入りです。

이거 정말 보통 인연이 아니네요! :これは本当に何かのご縁ですね~
(NHKラジオ講座 センスアップ!ナチュラル表現 第1回より引用)

スポンサーサイト
2013-06-23(日) |  B級한글(ハングル) |  コメント(0)  | Top▲

沼田大明神

沼田城址水の手曲輪(地元では下公園と呼ばれている)から北を眺めると錐型の三角山(戸神山)と椀型の高王山が一望できます。1581年(天正9)3月、沼田平八郎景義が高王山に本陣を構えて沼田城を眼下にしていました。

三角山頂上から望む沼田城址

下公園から見る北方向の景色


群馬のコロラドリバー片品川右岸の丘陵地が、かつて"滝棚の原"と呼ばれていた沼田台地です。沼田氏12代顕泰は、流水のないこの"滝棚の原"に延長14キロの用水路を開削して台地の西先端に沼田城(蔵内城)を完成させました。城下の町割りもしました。これが、今日の沼田市街地のルーツになります。
顕泰は正室の没後、大楊村郷士金子新左衛門の妹"ゆのみ"を後妻に娶り、景義を授かります。"ゆのみ"の兄も美濃守泰清の名を頂いて、重臣として召し抱えられます。
その後、甥の景義を城主に据えようと画策した金子泰清の謀略に乗せられた顕泰は、沼田氏13代朝憲(顕泰の実子)を殺害してしまいます。これに怒った朝憲の岳父に反撃された顕泰は、旧縁の会津城主の許へ遁走しました。"ゆのみ"は遁走途中で凍死し、逃げ延びた顕泰も間もなく会津の地で没します。
騒動後の沼田城は、上杉謙信、北条氏邦、武田家臣・真田昌幸と支配者が移り変わって行きますが、金子泰清はその時々の君主に重臣として仕えていました。1580年(天正8)6月に、真田昌幸の支配下に置かれますが、金子泰清は沼田城代の一人として取立てられていました。

会津へ逃れてから12年、平八郎景義は沼田城奪回のために挙兵し、優勢に戦を進めて沼田城の目と鼻の先の高王山に陣取っているのです。景義蜂起の急報を甲府で受けた真田昌幸は兵を率いて向かっても間に合わぬと判断し、金子泰清に宛てた武田勝頼の偽書状を作り飛脚に届けさせます。
"策略をもって沼田景義を討てば、利根川西の千貫文(二千石に相当)の領地を与える。武田勝頼" この書状を読んだ金子泰清は、嘘の誓約書をしたためて高王山の沼田景義を訪ねました。
「おぬしが沼田へ帰ってくるのを待っていた。攻めて城を奪回するのは難しい。城内の兵の大半は、おぬしを城主に仰ぐと言っている。わしが秘かに城内に手引きをする」と、涙を流して説きました。景義は、かつて自分を城主にしようと画策した伯父の言葉を信じました。
翌日の3月14日、景義は二十数名の近臣を従えて高王山を下り、麓の観音堂(東町田)で武具を解いて平服姿で金子泰清の案内に従い、沼田城の水の手曲輪から入城します。
出迎えた沼田氏の旧臣山名弥惣が景義に従うかのように装い、刀を抜いて背後から突き刺します。つづいて金子泰清が振り返りざまに脇腹を刺しましたす。豪勇と謳われた流石の景義も「金子、金子、金子」と三度叫び、悲惨な最期を遂げました。

沼田大明神

平八石


真田昌幸は、沼田城水の手曲輪の片隅の石の上に載せられた景義の首実検をした後、旧沼田氏家臣の離反を恐れて景義の亡骸を、かつて沼田氏が居城としていた小沢城跡に埋葬し、沼田大明神として祀りました。
金子泰清は、約束の領地を与えられることもなく、9年後には追放されてしまいます。

"咲き残る 花は枯野の あはれかな" 籾山其風

2013-06-21(金) |  世界のぐんま(地域) |  コメント(0)  | Top▲

ズブロッカで梅酒

新生姜の時期が来ると、さかちゃんは甘酢を作っていました。酢一升に氷砂糖1キロを一煮立ちさせれば、一年使えると言っていました。そして、さかちゃんが毎日茶飲みに行っていた友達の方から「その甘酢の作り方は、舅(つまり私のお爺ちゃん)に教えられ、さかちゃんは亡くなるまで教えを守っていた」いう話を伺いました。「知らなかったでしょう」というその方の少し得意げな顔に、私は目頭を熱くして「ええ、」と無理をした笑顔をつくるのが精一杯でした。

梅酒の材料

「段取り八分の仕事二分」が親父の口癖

さかちゃんは、色々な物事にこだわりを持っていました。その一つに、件の氷砂糖も入ります。自然結晶の大粒のものでなくては駄目なのです。私もいつのまにか"氷砂糖は自然氷結モノ"の虜になってしまいました。そのような次第で、さかちゃん御用達の小松屋で氷砂糖を、高崎市箕郷町で白加賀梅を仕入れてきました。「何のために?」ですって。表題のとおり、"ズブロッカで梅酒" を仕込むためです。

漬けこみ完了

バイソングラス2本入りです

白加賀梅は、大粒で果肉が厚くて梅酒には最適です。水でよく洗い、ヘタを竹菜箸の先で軽く穿って、布巾で一つ一つ水気を拭います。清潔にした保存瓶に、梅と氷砂糖を交互に三段位に重ねます。そして、ズブロッカを静かに注ぎ入れれば仕込み完了です。あっ、蓋を閉めてください。
--- 材料 -----------
ズブロッカ:500mℓ×2本
青 梅  :500g
氷砂糖  :500g
2ℓのボトルを使用
--------------------
通常は、これで熟成を待つだけですが、さかちゃん譲りの拘り派はオリジナル・ズブロッカ・シールも作ります。今回は作成を端折ったため仕上がりに満足できませんでした。熟成がすすんで飲み頃になるまでに作り直しましょう。
梅と氷砂糖を余裕をもって仕入れましたので、果実酒用のブランデーを使った梅酒も仕込みました。来年は、夏バテの心配は無用だ \(^,^)/

2013-06-12(水) |  Neutral |  コメント(0)  | Top▲

Facebook 5番目の友達

Facebookで、最初の友達ができたのは2012年1月です。それから1年半、5人目の友達ができました。私が35年来の友達だと、ずーっと思っていた人からFBの友達リクエストが届いたのです。それまでに、FBでのメッセージ交換を何度かしていましたので、嬉しい反面ちょっと複雑な気分にもなりました。まずは、友達リクエストに承認をして、この気持ちを率直に伝えたところ、「深い意味はないんだ、"友達リクエスト" のボタンがあったからクリックしただけなんだ」との返信でした。「深い意味のない友達」かと、改めて"なんだかなあ~"の気分です。

三角山

麓から三角山の高さは332m
クフ王ピラミッドの高さは14.6m

ピラミッドって街中に在るんです

関東地方が梅雨入りしたとの発表から数日後、その彼から「梅雨が明けた頃に"三角山"に登ろう」というメッセージが届きました。梅雨明け後というと一番暑い時期ですので、ちょっとだけ躊躇いが生じましたが、承諾の意を返しました。
三角山という名称は地元での愛称で、本名は "戸神山" です。標高771.6メートルの錐型をした美しい山です。"FB5人目の友達"は、若いときに数ヶ月に亘ってアフリカを旅しました。山行ガイドブックでは、夏期は不向きと解説されている三角山へ登ろうというのは、ピラミッド・ノスタルジアなのかなあとの想いが一瞬脳裏を過ぎりましたが、ただ単に、FBの "友達リクエスト" ボタンのクリックと同じく、"三角山"を思い出したので登ろうと思っただけなのでしょう。"深い意味は無い"のです。

三角山岩場麓の沼田市内にある気象庁沼田気象観測所の標高が439メートルですから、三角山は市街地からの高低差が332メートルの低山です。だからと言って舐めてかかってはいけません。頂上近くには鎖が設置された所もある急峻な岩場があります。南に面していますので日差しに良く焼け、真夏は麓より暑くなるでしょう。暑い時期に熱い所を行くのは、厳冬期の雪山に匹敵するくらい難しい山行かもしれません。
車で30分も走れば、標高1,350メートルの涼しく、爽やかな「たんばらラベンダーパーク」があるのになあ。今から体調を整えておこう!!

2013-06-05(水) |  世界のぐんま(地域) |  コメント(0)  | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。