FC2ブログ
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) |  スポンサー広告 |  CM(-) | Top▲

日本一の河岸段丘

河岸段丘の例として、中高校の教科書でも取り上げられることの多い沼田段丘が、雨乞山から一望できます。


Loading…

※スライドは、高平口から山頂へのルートです。山頂からの眺望写真は、ここをクリックしてください。

登山口は4か所ありますが、白沢町高平口からの林道は整備がゆきとどき、子供連れのハイキングや高齢者のウォーキングに最適です。登山口駐車場は、関越道沼田ICから日本ロマンチック街道(国道120号)、利根沼田望郷ラインを経由して12kmほどの所になります。

群馬のコロラドリバー「片品川」は、30万年の歳月を掛けて沼田・利根の台地を7段に削り出しました。

雨乞山からの沼田段丘画像クリックで拡大表示。(写真提供:群馬大学)

片品川北側(写真右)が、真田城下町として栄えた沼田市、南側(山頂からの眺望写真左)は、生産量世界一を誇る昭和村のコンニャク畑などが広がる赤城山麓扇状地です。
片品川を跨いで南北の段丘を結ぶ、全長1033.85メートルの関越道片品橋(写真中央)はトラス型の道路橋としては長さ日本一です。
"日本一(世界一を含む)の三本立て!"でした。


データでみる「片品川橋」

1985年土木学会田中賞受賞
形式:3径間連続トラス橋3連
橋長:1033.85m
最大支間長:168.85m
河床までの高低差は100m以上
橋梁高は55mから70m
トラス型の道路橋では、長さ日本一

2012-11-25(日) |  世界のぐんま(地域) |  コメント(0)  | Top▲
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。