FC2ブログ
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) |  スポンサー広告 |  CM(-) | Top▲

世界一の大蛇

ギネス ワールドレコーズの認定に懸かる事前審査を受けるため、待機中の「大蛇」です。スタッフの大蛇が逃げ出さぬよう慎重に注意を払う、厳重な警戒態勢に緊迫した様子が伺われます。世界一認定の緊張感を肌で感じた「大蛇まつり」初日でした。

loadin…

計測は、ギネス ワールドレコーズ認定員持参の100メータ巻尺を使用しての人海戦術です。光波測距儀や、GPS測定器などではありません。専門の知識を持たない、一般大衆にでも数値を確認できることが大事だということでしょう。二度の事前計測が慎重に行われた後、ご神体の大蛇は300人もの担ぎ手によりメイン会場へ向かいました。

ギネス公認の巻尺を手に

認定の発表に沸く会場

世界記録認定書

観光会館前に設けられた「ギネス世界記録挑戦」会場に於いて、測量士の指揮命令に従い、認定員立会いのもとで本番の計測が行われました。測定の間、静まり返っていた空気が盛大なクラッカーの破裂音と共に大歓声に包まれた時、認定員のサムアップした拳が高々と掲げられていました。108.44メートル!! 「最も長い祭り用の蛇」としてギネス世界記録に認定された瞬間です。
認定式を経て、世界一の大蛇神輿は威勢よく老神温泉街へと繰り出して行きました。
次回の大蛇神輿お目見えは、12年後の巳年です。脱皮を繰り返し、より長くなっているのかな?

タグ:世界一
2013-05-10(金) |  世界のぐんま(地域) |  コメント(0)  | Top▲
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。