FC2ブログ
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) |  スポンサー広告 |  CM(-) | Top▲

「タイガ~やきたて♪」でフランスパン

ホームベーカリーを買いました。「タイガーやきたて」です。

ホームベーカリーで

今日も、焼きました

さかちゃんは、ホームベーカリーで焼いたパンを彼方此方に配っていました。私も週に一度位の割合で頂いていました。焼きたてのパンは、何も付けなくても美味かった。そんなノスタルジアに浸っての衝動買いではありません。
昨年の暮れにリンゴをたくさん頂いたので、リンゴジャムを6~7回作りました。思い通りに仕上がるようになると、"自家製のパンで!"との思いが沸々と湧いてきたという次第です。

全自動とは言え、ホームベーカリーも奥が深いです。届いて廿日ほどですが、15個焼きました。真冬並みの寒さを逆手にとって、凍えるようなキッチン、暖房を効かせた居間と環境を変えたり、水の温度、塩を変えて焼き上がり具合を比べました。そんなトライアルの中で、初めてフランスパンを焼いたときが、一番の勉強になりました。
バン羽セットの図解"パン羽"を付けずに捏ねると、どうなるのかを知ることが出来たのです。 捏ねの行程が終了して、一次発酵の段階で蓋を開けてみました。見た目は、材料をセットした時の状態です。このまま続行しても良い結果は望むべくもありません。決断は、作業を中止し"パン羽"を付けてリトライ、です。小山に盛った粉の頂上部分に載せたドライイーストを濡らさぬようにお玉で粉ごと掬い取り、残りの材料をボールに空け、"パン羽"をセットしました。ボールの材料を見ると、"パン羽"をセットする回転軸の周りの粉だけが、申し訳程度に捏ねられています。このまま戻して良いものか、潔くギブアップして廃棄するか!再度の決断を迫られました。とかく往生際の悪い私は、取り敢えず材料をパンケースに戻しました。こんなことで上手く捏ねられるの不安です。
エーイ儘よ。徐にパンケースに手を突っ込み、材料を掴み捏ねました。捏ねながら、「ああ、ボールの中で捏ねれば良かったなあ~」の恨み節。危機管理力の欠しさを思い知った瞬間です。
粉全体に水分が回ったと思しき所で、パンケースをベーカリーにセットし、改めて仕切り直しです。もう怖いものはありません。駄目で元々。行程のポイント、ポイントで蓋を少し開けて中を覗き見しました。何であれ、覗き見はドキドキしますね。
神仏のご加護でしょうか。それなりの焼き上がり。噛み応えのある、外皮がパリッとした、紛れもないフランスパンに焼きあがっていました。美味い!!

今日も、焼きました。この時期は膨らみが少なめなので、邪道ですが、砂糖を少し加えたフランスパンです。

パンの焼き上がり

釜延びが良すぎ?

粗熱を取る

粗熱を取るには、これ!

パンの切り口

上の方が柔らか過ぎかも


いい具合に膨らんだのですが、ちょっと食パン風でしょうか。まだ、まだ楽しめそうです。いい買い物でした。

2014-03-12(水) |  Neutral |  コメント(0)  | Top▲
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。